取引の流れ

不動産会社への相談を進めて行くとはいえ、自分自身でも、不動産取引の流れをある程度知っているほうが、進行していく不動産取引の流れ上、安心した売却活動を行うことができます。

ここでは、不動産売却に伴う売却の流れをご説明いたしますので、参考にご確認ください。

不動産売却を進めるに際し、まずは所有している不動産の相場を知って、いくらぐらいの価格で売れるのかどうかといった目安を立てます。 次に、信頼できる不動産会社を探すことになります。
不動産会社の選定のポイントは、前のコンテンツで解説していますので、参考にしてください。

不動産会社への物件価格の査定を依頼することで、所有している不動産の価格を算定してもらうことができます。 不動産会社のサービスなどに満足できそうであれば、実際に不動案会社に仲介を依頼することになりますので、媒介契約を結びます。

不動産会社選定が完了した後、いざ、不動産の売り出しを始めます。 不動産の売り出しが始まった後、購入希望者である買主との交渉がスタートします。

売買契約を結ぶ前に、不動産の物件情報を開示することになります。 そして、売買条件の合意が得られた段階で、買主との売買契約の締結へと進みます。 無事に売買契約が締結されれば、最終的に不動産の引き渡しを行うことになります。

これらの流れが、不動産売却に伴う、必要なステップとなりますので、把握しておいてください。