通常仲介

不動産の売却を検討し、いざ不動産会社の選定を行い、相談することを決めた後には、不動産会社が提供している不動産査定への依頼を申し込むことになります。

ここで、不動産の価格が算定されますので、その後の不動産売却へのプランが確立されていくことになります。 一般的に不動産の売却には、通常仲介と呼ばれ、先着順での取引形式が採用され、それに順じた売却活動を行っていくことになります。

通常仲介とは、先に申し込みを入れた購入希望者との商談を行っていく流れとなっています。 基本的には、商談中は、他の買主への物件紹介はストップされることになりますので、その購入希望者との商談をじっくりと進めて行くことになります。

購入希望者とは、売却条件を持って交渉します。 価格の条件は最も大きい要因となり重要なポイントなりますが、その他の条件においても、条件面や希望面で、譲れる点と譲れない点をしっかりと明確にした上で、交渉を進めるようにしてください。

売買契約を結ぶ前には、売却する物件に関する情報を、可能な限り購入希望者へ提供するようにします。 それは、契約締結後のトラブルを未然に防ぐという目的がありますので、万が一、物件に不具合や欠陥などがある場合には、事前にしっかりと説明するようにしてください。

こういった流れで、購入希望者との交渉を完了させた後に、売買契約を結び、不動産の引き渡しを行うことになります。