売却と査定

不動産という資産を現金化したり、新たな住まいへと買換えを行う際には、不動産の売却という取引が必要となります。
不動産の売却を検討する側が売主と呼ばれ、各種の希望や条件に合った内容で、不動産の売却を進めて行きます。

売主の希望に合った条件で合意できる状態で、その不動産を購入したいという希望者が買主となり、売主と買主との取引が成立することで、不動産売買が完了するということになります。

不動産売却には何が必要?

不動産の売却というのは、大きな価格が動く取引となりますし、専門的な知識もたくさん必要となってきますので、個人の力で全ての売却活動や取引を進めていくのは、かなり難しいと言えます。

そういった際には、不動産会社による安心と信頼のサービスやサポートを受けながら、理想の不動産売却への道のりを歩んで行くことになります。

また、不動産売却への第一歩については、所有している不動産がどの程度の価値があって、どの程度の価格になるのかを査定してもらう必要があります。 この査定を、不動産査定と呼びます。

例えば、豊富な取引実績で有名なスターツピタットハウスでも、オンライン上から申し込むことができる、無料の不動産査定依頼のサービスが用意されています。 まずは、不動産査定からスタートし、不動産の価格を知った上で、希望や理想が叶うサービスを選び、条件に合った取引を進めて行きましょう。